マラリアと白髪の関係

白髪染め

マラリアで白髪になるってホント!

マラリアとは伝染病の一種で、蚊に刺される事により、血液感染で病原菌が入り込みます。
症状としては、高熱が繰り返し続く事や頭痛、吐き気などが特徴となっています。
40度以上の熱が数日続き、下がったと思っていてもまた高熱となる場合もありますので、頭痛を伴う高熱の場合は病院で血液検査をする事も重要です。
また、マラリアに完成していると、身体に拒絶反応が起こる場合もあり、白髪も発生しやすくなります。
このため、マラリアと白髪の関係すくなくとも関係があると言えます。
高熱がでて白髪が増えるような事があればマラリア感染を疑ってください。
また、悪性のマラリア感染の場合、脳障害となる事もありますから非常に危険です。
脳マラリアに感染すると、意識障害や、腎不全を起こす場合もあり、最悪の場合は死に至るケースもあります。
とはいっても、大体の人が予防接種を受けているので、大事に至るケースは少ないとは思いますが、満を持して医師の診断を受ける事は必要です。
日頃から蚊にさされないように、虫よけスプレーをしたり、一枚多めに羽織るなどの対策をする事は重要ですが、特に小さなお子様などは、抵抗力も低く、命の危険性も高くなりますので注意が必要です。

Copyright (C) 白髪染めの部分染めランキング All Rights Reserved