パッチテストで白髪度を測る!

白髪染め

パッチテストを習慣づける

市販の白髪染めを使用する際に注意しなければならない事があります。
それは、使用前に必ずパッチテストを行う事です。
近年、パッチテストを行わず、白髪染めを使用した人が、頭皮や毛髪にトラブルが発生し、深刻な状況となる人も後を絶ちません。
市販の白髪染めには人体に有害な防腐剤、酸化染毛剤、香料などが含まれています。
パッチテストは、それらを肌に直接塗布して、アレルギー反応の確認の為に行うテストですが、それを安易にとらえ、パッチテストを行わない人が多いのです。
白髪染めによって、頭皮が炎症したり、呼吸困難になってしまったり、めまい、目が痛くなるなどの症状も引き起こす事があり、非常に危険なのです。
その為、常日頃からパッチテストを習慣づける事が重要です。
元々アレルギー体質の方は、パッチテストを行う時点で、ほとんどの方に何らかの反応が見られます。
パッチテストした部分が赤くなっているだけでも白髪染めを使用すると危険です。
また、パッチテストは腕や手の甲などの比較的皮膚が強い部分で行われるため、頭皮に直接塗布してからアレルギー症状を引き起こしてしまう場合もあります。
使用中、万が一頭皮に痛みや痒みの症状があらわれた場合はすぐに洗い流し、その後も痛みや痒みが引かない場合は医師の診断を受けて下さい。

Copyright (C) 白髪染めの部分染めランキング All Rights Reserved